投稿

3月, 2011の投稿を表示しています

第15期想流私塾最終講義日

とはいっても、いつもと変わらず。
これで、終わりじゃないので。

今期は、10名の塾生が卒業公演に向けて作品をつくる。

今回のお題は「正義の味方」
といってもヒーロー者を書きましょうではなく、「疾風のように現れて疾風のように去っていく」戯曲ということだ。
短いですよ。でも、数は多いですよ。

「オダサク、わが友」では、体力がないと長編がかけないという言葉がありまして、
短いシークエンスをつなげて芝居を作ることが多い僕は、実際体力がないのでやたらと引っかかっている。

再演に向けて集まってみまたよ3

前回、ダンスの方に時間を全然割けなかったので、今日は原さん特訓デー。
みーっちり、バーレッスンとか基礎訓練。
そうですよね。そういうところをちゃんとせんと。

基本的にすぐに作りにいっちゃうからね。僕は。
せっかちでいけない。

今日は久々に七重さん合流で、
ちょっと設定を試したいシーンがあったので、ののあざみさんとの会話シーンをちょっとやってもらう。
屈指のおバカ会話シーンだが、動作をシークエンスに分けて、その動作を続けながらフツーに会話してもらう。
目論見では、みえているものと会話の内容がどんどん乖離するはずでは、と思っていたが、
外れだった。どんどん、シーンとして意味が加わり成立していくのだ。
これはこれで収穫。

また、寝ながらセリフ言ってみよう。ご飯食べながらセリフ言ってみよう的な、
セリフを言う時の力の抜け具合も見つけられて、これもこれで収穫。

ののあざみさんが誕生日が近いとfacebookに教えられたので、ちょっと飲みました。
ののさんは、iphoneの音声検索でヒワイな単語を検索して喜んでいました。
これから、毎週金曜日スペインバルをオープンするそう>>>
店の名前のスペルは忘れましたが、日本語の意味は「でかい女」だそうです。

再演に向けて集まってみまたよ2

震災の翌日であった。
にわかには何が起きたのか信じがたい状況で、固唾を飲んで自体の把握につとめる中、
一瞬のためらいはよぎるも、まだ日常の残る大阪で、日常を粛々と送ることは必要と稽古に出かけた。
奇しくも震災より立ち上がった街西宮へ。

本日試したことについてのみ、記しておく。

■地下鉄の描写について
地下鉄内にある名詞をサンプリング。
属性ごとに分けて俳優に振る。さらにそこに「録音された声」を付け足す。
それを演奏することで、名詞のみで地下鉄の風景を描写できるか。

ナカナカに難しい。演奏するにはもうすこしルールの共有がいる。
さらに、意識を分散させなければ他の声が全く聞こえなくなる。
欲張り過ぎた。段階を踏んですすめるべき。

■インタビューシーン
「サブウェイ」ではインタビューシーンが7人分ある。
ただし、投げかけられている質問は観客にも役者にも聞こえない。
セリフに書かれた答えから、問を想定して演じていた。
もちろん再演時もそうなるのだが、本来の状況をシミュレーションしてみることに。

俳優の持つタブレット端末に、問いが表示され、俳優はそれに答える。
その他の人は、その答えのみを聞くことになる。
7人7様の答えから、質問の内容が浮かぶ。
収穫は問いに対する、体の反応。