投稿

2月, 2011の投稿を表示しています

打合せwith真夏の會

原真氏と打合せ。

原真氏は、水の会という劇団の代表で、ご本人ともども俳優陣にはいつもお世話になっているが、
今回は真夏の會のプロデューサーとしてMTG。

真夏の會は、彼が立ち上げたユニットで、舞台、照明、音響を最小限とし、俳優の演技に焦点をあてたコンパクトな上演を行っている。
昨年、劇作に売込隊ビームの横山拓也さん、演出にスクエアの上田一軒さんを擁して上演した「エダニク」という作品は大きな評判を呼んだ。
さらに、その作品は劇作家協会新人戯曲賞を受賞、OMS戯曲賞においても最終選考に残り、今年、再演の運びとなったのである。

今回は8月に、なんと合同で再演することになったのです!


極上の会話劇と、サブウェイのミスマッチ対バン企画です。
どちらもミニマムな構成故に、実現できる一粒で二度おいしい企画となりました。
(ミニマムと行ってもサブウェイはかなり強引でしたが・・・。)


普段「エダニク」のようなお芝居をよく見る人も、「サブウェイ」をみたら、「ほうコレも芝居か。」となることまちがいなし。


「サブウェイ」好きなひとも、「エダニク」をみたら、「おお、これが芝居だ。」となること請け合いです。
詳細しばし、お待ちを。






再演に向けて集まってみましたよ

8月のサブウェイ再演に向けて集まってみた。
本格的に稽古を開始するまで、月2,3回で集まってみることに。
快くOKしてくれた客演陣、および原さんに感謝。

なにするんですか~こんなに早く~
とか
ただ集まりたいだけでちゃいますのん。
とか野次が飛んでいたが、まぁまぁまぁ、そういう稽古がアタリマエではない風潮なのだからしょうがない。

ただ、台本を作るための稽古とか、差し迫った公演のための稽古とか、劇団の通常稽古とか
そういうのではないのです。
プロデュース公演で一年後に再演することになって、初演と同じメンバーでやるなんてことは、まぁ無いわけでそのための稽古なのです。
極東退屈道場は、そうやって常に「地味に」新しいことをしていく所存であります。

そういうわけで初回。
「サブウェイ」について、すこし作品解説的なことをしてみました。
といっても、僕にも全てわかっているわけではなく、初演後いろいろと思いを巡らせたこと、
そんな思考の過程も含めて俳優に投げてみました。

シミュラークルとか、データーベースと物語についてとか。
半分も思ったことを伝えられなかった感じだが、改めて整理する機会にもなる。
俳優陣も、一度上演している作品について、改めて聞くことで何か手応えを感じた様子。(私見ですが・・・。)
おそらく、初演の稽古前にこんなことをやっても、おそらくそれほど意味はなかったのではないか。

残りの半分の時間は原さんにお任せ。
さすがだ、頭でしか考えられない作・演出をひらりと乗り越えて、
早速、身体の方から探りを入れ始めていた。

このバランスが、「サブウェイ」をリ・クリエーションするはずだ。