第15期想流私塾最終講義日

とはいっても、いつもと変わらず。
これで、終わりじゃないので。

今期は、10名の塾生が卒業公演に向けて作品をつくる。

今回のお題は「正義の味方」
といってもヒーロー者を書きましょうではなく、「疾風のように現れて疾風のように去っていく」戯曲ということだ。
短いですよ。でも、数は多いですよ。

「オダサク、わが友」では、体力がないと長編がかけないという言葉がありまして、
短いシークエンスをつなげて芝居を作ることが多い僕は、実際体力がないのでやたらと引っかかっている。

コメント

このブログの人気の投稿

面接と打ち合わせと

人を選ぶ