打合せwith真夏の會

原真氏と打合せ。

原真氏は、水の会という劇団の代表で、ご本人ともども俳優陣にはいつもお世話になっているが、
今回は真夏の會のプロデューサーとしてMTG。

真夏の會は、彼が立ち上げたユニットで、舞台、照明、音響を最小限とし、俳優の演技に焦点をあてたコンパクトな上演を行っている。
昨年、劇作に売込隊ビームの横山拓也さん、演出にスクエアの上田一軒さんを擁して上演した「エダニク」という作品は大きな評判を呼んだ。
さらに、その作品は劇作家協会新人戯曲賞を受賞、OMS戯曲賞においても最終選考に残り、今年、再演の運びとなったのである。

今回は8月に、なんと合同で再演することになったのです!


極上の会話劇と、サブウェイのミスマッチ対バン企画です。
どちらもミニマムな構成故に、実現できる一粒で二度おいしい企画となりました。
(ミニマムと行ってもサブウェイはかなり強引でしたが・・・。)


普段「エダニク」のようなお芝居をよく見る人も、「サブウェイ」をみたら、「ほうコレも芝居か。」となることまちがいなし。


「サブウェイ」好きなひとも、「エダニク」をみたら、「おお、これが芝居だ。」となること請け合いです。
詳細しばし、お待ちを。






コメント

このブログの人気の投稿

面接と打ち合わせと

人を選ぶ