面接と打ち合わせと


アイホール戯曲塾 想流劇塾マスターコース2期の面接。
林、これで師範10年目。いろいろ振り返ると師範になってから学ぶこと多く、節目。
その後、砂連尾さんと昨年からやっている夏の小学生WSの打ち合わせ。
30人の小学生と5日間で作るパフォーマンス。
今年は、昨年能×現代演劇#03でやった「韋駄天」をベースに、鬼ごっこがしたくてたまらない小学生と。
http://www.aihall.com/kodomo_ws2018/


コメント

このブログの人気の投稿

人を選ぶ