20141022

みると三年もブログ記事というのをあげていないことに衝撃を受けた。
ただ、三年前の昨日、というのが面白い。
SNSの方にそれほどシフトしたという訳でもないのだが、ふと発信に躍起にならない場としてブログを捉え直せたタイミングに再開するというのがいいのであろう。
前記事との三年の開きは訪れた人を驚かすかもしれないが、僕にとっては繋がっているという了解で。
日録という位置づけで再開してみる。書きすぎず、書き足りずという節度の中で。

というわけで本日は、想流私塾マスターコース。塾生たちがつかみ取りたい世界にどう晩伴走するか。やはりクタクタになる。
帰って、新作「ガベコレ」の絵図面を思案。どんな作品になるか本当に怖い。

コメント

このブログの人気の投稿

面接と打ち合わせと

人を選ぶ