「サブウェイ」その3

そのシャワーをまともに浴びてたら、頭おかしくなりますし、みなさんその辺は上手に編集して乗ってらっしゃいます。
私も田舎から出てきた初日、普通に混雑する四条河原町で、人いきれに疲れ果て、「何?今日は何祭りの日?」と御輿的なものを探した程の田舎者でしたが、今は軽快に歩くことができます。

うーむ、でも、編集が「上手」かどうかはカッコにくくらないといけないですね。

でも、とりあえず、その編集する習性をあてこんで、同じ人間がザンバラザンバラ情報をふりそそいでおります。
それを適当につなぎあわせて、自分の物語といいますか、ストーリーを作っていっています。
ツイッターなんか、その最たるもので、わかりやすいですね。

「行間を読む」的な作業がないわけです。もちろん「行間」が消え去る事はないと思うので、「行間を読めない」のはいかがなものかと思うのですが、それこそ吉本さんもおっしゃってましたが、万葉の時代なんかは行間だらけだったわけですから、今の物語と万葉なんかを、そういう深みで優劣は付けられないわけです。

つづく

-------

極東退屈道場#004 「サブウェイ」の稽古が進んでいます。

稽古場の様子やら、軽いネタバレなどは以下のツイートまとめで。

出演者のブログも御覧ください。

猿渡美穂さん「どんたん日記」>>> ※マメ更新
ののあざみさん「寄り道のススメ」>>> ※レア更新



コメント

このブログの人気の投稿

面接と打ち合わせと

人を選ぶ